2019年4月24日 (水)

旅行会社の相談料について

今年のGWは、10連休と長期のため、旅行を計画されている方も
多いかと思います。

ところで先ほど
旅行会社JTBが、試験的に相談料金の有料化を始めた
とのニュースに接して、とても驚きました。

 国内旅行の相談が、30分2160円(以降30分ごとに2160円)、
 海外旅行の相談は、30分5400円(以降30分ごとに3240円)。

ちなみに、弁護士の法律相談も 30分5400円です。

旅行の相談と法律相談を比較する、なんてことは、
なかなか無いことだとは思います。・・・思いますが、それにしても
驚いたニュースの紹介でした。

(事務員)            菅生法律事務所(豊橋市)

2019年4月17日 (水)

新元号と文書表記について

今年は、しばらくの間、気温が低い日が続き、
弁護士会となりの神社の桜も長いこと咲いていた気がします。

さて、この4月が終わると、新元号、令和となりますが、
我々が書面を作成する際、少し頭を悩ませることがあります。

例えば、本日現在時点で、
金員支払い期限が、5月末日の契約を取り交わすとして
これを「平成31年5月末日限り」と表記すべきか
それとも「令和元年5月末日限り」と表記すべきか

どちらでも良いじゃないか、というのが一つ。
それは、どちらにせよ当事者間で期限を明確に特定できるからです。

他方で、新元号には、まだなっていない
予定としては決まっているけれども、まだ予定に過ぎないので、
平成の表記にしておくべきだ、という考えがあります。

これを少し掘り下げると、
政令の施行は、新元号の始まる5月1日が予定されているため、
そのとき(施行)までは、文書の表記は旧元号のままにしておく、
ということになります。

 

Img_2252_r

 

ややこしい話をしました。
ただ、私人の契約書ということならば、
結論は、どちらでも構わない、と考えます(理由は前記)。

そんなことで、大きなくしゃみをしつつ、新元号のはじまりまでには
ケヤキ花粉が収まってくれることを祈って、筆を置きたいと思います。

 

菅生法律事務所(豊橋市)

2019年2月13日 (水)

天下の奇祭「鬼祭り」

先日、豊橋では、「鬼祭り」が行われました。

国の重要無形民俗文化財とされる祭りで、天下の奇祭と呼ばれています。
私は氏子町内で育ったため、毎年の鬼祭りが楽しみで仕方ありません。

今年も安久美神戸神明社で
「赤鬼と天狗のからかい」を満喫してきました。
「からかい」のクライマックスでは、
天狗に詰め寄られた赤鬼が境内から退散するとき
赤鬼が引連れる若者衆が白い粉とタンキリ飴を撒き散らします。
その瞬間の境内は最高潮に盛り上がり、
観衆は粉をかぶって真っ白に!
これが天下の奇祭「鬼祭り」の醍醐味です。
粉をかぶり、タンキリ飴を食べると夏病みをしないと言われています。

赤鬼は境内から退散すると氏子町内へ走り出します。
天狗も氏子の家々をまわります。
氏子たちは鬼と天狗が来るのを楽しみに待ち、
玄関先に迎え、厄除けに頭を撫でてもらいます。
風邪をひかない、頭が良くなるなど、色々言われがあるようです。

鬼が走った後の道路は撒かれた粉で真っ白です。
翌朝それを見て、楽しかった鬼祭りが終わっちゃったなと
しみじみしながら通勤するのが恒例です。
早くも来年の鬼祭りが待ち遠しいです。

(事務員M)             菅生法律事務所(豊橋市)

2018年11月30日 (金)

「成年後見概論講義」

先日、豊橋市社会福祉協議会で講座が開催され、
小職も成年後見の講義をしてきました。

毎年開かれるこの講義ですが、近年の高齢化社会という情勢を受け
成年後見を必要とされる高齢者ないしご家族の方々は、年々
増加の一途を辿っており、講義にも熱が入ります。

成年後見制度支援信託や裁判所による監督(後見人としての報告)
家計簿や領収書を保存して、記録を取っていくことの重要性など、
ともすると、お説教や小難しい話、と敬遠されがちなトピックスも
「具体例」を挙げて、一生懸命話してきました。

私自身は、それなりに多くの後見事件に接してきましたが、
受講された方々は、初めて知識を得よう、と来所された方も
おられたかと思います。

何か「具体例」があった方が、イメージが沸きやすいのではないか、
私なりに工夫をしながら、いろいろと説明をしてみた次第です。

Img_2


早いもので、年末が迫ってくる時期となりました。
皆さまも、体調管理にはどうかお気を付け下さい。





(弁護士)            菅生法律事務所(豊橋市)

2018年7月18日 (水)

熱中症警戒、夏休み目前!

梅雨が明け、連日の暑さに、
楽しみなはずの夏にも関わらず、いまいち気持ちが乗りません。

子供たちはこの暑さの中、冷房のない教室で頑張って授業を受けていると思うと
親としては、どうか乗り越えて…と祈るばかりです。
しかし、ただ祈っているだけではいけないので、
夕食時にはニュースを見ながら、熱中症の怖さについて聞かせたり、
のどが渇いていなくてもこまめに水分を取るなど、
子供たちが自分でもできる予防法を、耳にたこが出来そうなほど伝えています。


実際の対策のひとつとして、このクールタオルを首に巻いて登校しています。
このタオル、ケースの状態では分かりにくいですが、水に浸して絞るだけで、ビックリするほど冷たいのです。
乾いてしまうと冷たくないので、子供たちは学校でのお手洗いの度に
自分で濡らして絞って使用しているようです。
首元から少しでも体を冷やし、水分・塩分の補給をして、
夏休みまでのあと数日間、過酷な学校での日中を乗り切ってほしいと思います。
そして、よく食べよく寝て体力を維持し、
体調管理に努め、楽しい夏休みを過ごしてもらいたいです。

とはいえ、夏休み、楽しく過ごそう!とばかり言っていられません。
目眩がするほどの量の宿題が、私たち親子を待ち構えています。
避暑地に逃げたい、そんな心境の夏休み目前です。






(事務員M)             菅生法律事務所(豊橋市)

2018年4月13日 (金)

お弁当作り

春休みや夏休み、私に立ちはだかる壁があります。
それは、毎日のお弁当作りです。

今日はどんな一日だったのかな。
明日はどんな一日になるかな。
そんな健やかな子供の成長を見守る母心は薄らいで
明日はお弁当・・・明後日もお弁当・・・と
お弁当に対する嫌悪感が日に日に増してしまいます。

けれど、喜んでもらえるお弁当を作りたい!
その一心でなんとか気力を振り絞り、
「かわいいお弁当がいい!」のリクエストに応え、
毎日、お弁当のどこかに可愛いお顔を作ります。
「今日もお弁当おいしかった!かわいかった!」
と言ってくれるのが、何よりもの救いです。


毎日の給食がどれだけ有り難いものかと実感する日々。
そして、高校生の頃の3年間、毎日お弁当を持たせてくれていた母親に、
20年越しで今更だけれど感謝の思いを伝えたい、
と申し訳ない気持ちでいっぱいです。

しかし、すぐに夏休みがやってきます。
次のお弁当作りが迫ってきています。
考えただけで気が遠退きそうです。

(事務員M)                          菅生法律事務所(豊橋市)

2018年3月 5日 (月)

近況

一雨ごとにあたたかくなってきた今日この頃、
花粉が飛び始めて、その症状とも戦いながら日々過ごしております。

ところで、
新年度に切り替わる3月~4月は、弁護士にとって、
年が明けた1月の非常にバタついた状態からやっと抜け出して、
すこし落ち着きを取り戻す時期でもあります。

もっとも、私の場合は、キャリアや年齢等が程良いためか、
新しい職務(委員等)に幾つか就任することとなりまして
本日も朝から外部の自治体行政課などに行ってきました。

午前中、
事務所に戻ったら、早速ご予約を頂いていた法律相談です。
十分なご回答を申し上げたところ、にっこりとして帰られたので一安心。

お昼は、起案に集中しているとずれ込むことが時々ありまして、
今日は遅めに(2時ころに)なってしまいました。

さて、この後も処理すべき事柄が幾つかありますので、
ブログでの近況報告は、この辺りにしておこうと思います。




この季節、皆さまも、花粉症にはどうかお気を付け下さい。







(弁護士)            菅生法律事務所(豊橋市)

2017年10月11日 (水)

キャンプブーム

巷で流行のCAMP。
キャンプブームといわれる昨今ですが、
我が家もキャンプシーズン中は月1ペースでキャンプに出かけています。
(梅雨時期や12月~3月頃には行きません。。。)

近場の浜松や田原、遠方は飛騨高山、富士山麓などなど、
ネットや友人からの情報や評判をもとに、色んなキャンプ場を体験しています。

キャンプといえばキャンプ飯!ですが、
我が家は、流行のSNS上で披露するような、お洒落キャンプ飯ではなく、
キャンプ場の近くのスーパーマーケットで購入した
お惣菜などで食事を済ませることがほとんどです。

お洒落な食事を作れない、手際が悪い、という理由もありますが、
一生懸命に食事の準備をして、食べたらバタバタと後片付け、
私だけ満足感なく何だかクタクタ。。。
これではキャンプが嫌いになる!と感じたのがきっかけです。
日常から離れ、平日には遊んであげられない子どもたちと自然の中で遊んだり、
風を感じながらボーっとしたり、夜には焚き火とお酒で癒される、
というのが私のキャンプスタイルです。

子どもたちも日常は学校、宿題、習い事に追われる毎日なので、
キャンプ場では思いっきり走って笑って日頃のストレスを発散している様子です。
そして、次のキャンプはいつ?とお父さんに催促しているので、
年内の冷え込む前にもう一度行けるといいなと考えています。

(一度でいいからお洒落キャンプ飯をSNSにアップして、
 いいね!!をもらってみたいなという憧れはあります。)

(事務員M)                                          菅生法律事務所(豊橋市)

2017年9月27日 (水)

特定商取引法の改正

最近何度か改正がなされており、
消費者庁のホームページでも概要等があげられています。
過量販売への規制や違反業者への制裁強化、消費者保護の拡充など、
順次、手当てがなされているといった印象です。

例えば、催眠商法(<SF商法>最初に無料の商品や低廉な商品を来場者に供給し、
その後雰囲気の高まったところで販売業者の売込もうとする商品を展示して
商品説明を行い、その商品を購入させる方法等)について考えてみます。

※ 筆者は、豊橋市内でこの商法と思しき状況の集会を見ており、
  新聞の折り込み広告でも同じような系統の広告を見掛けています。
  東三河地域の皆様、十分にご注意下さい。

まず、原則として一般の店舗で買ったものには、クーリングオフの適用が無いです。

そうすると、SF商法の多くは集会場、会議室等を利用した販売のため、
一般の店舗で買ったものと同様の扱いになってしまい、
クーリングオフできないのではないか、が問題となります。

この点、SF商法は、落ち着いた心理状態で、お店で物を買うのとは、状況が
全く違います。
一般のお店では、販売商品を最初から陳列し、来場者が自由に
選択できるのに対して、SF商法では、雰囲気、集団心理が高揚したになった頃合いを
見計らって高額商品を出してきて、これを購入させられます。

そのため、一般のお店と同様に扱うのは、よろしくない、と。
このような状態で販売を行う限りにおいては、集会所での販売も、
法の適用を受ける。つまり、クーリングオフできる。
ということになるわけです(H24改正等参照)。

また、
近所の公民館で、催眠商法に掛かって、高額の羽布団を買わされた。
クーリングオフの適用はありませんよ、などと言われた場合であっても、
それは嘘で、「嘘でした、実はクーリングオフできます」という書面を受け取ってから
8日以内に契約申込みの撤回(クーリングオフ)をすれば良いということになります。

・・・ただ、業者に逃げられて行方知れず、となると
なかなか厳しい場合もありますので、早期に弁護士に相談することが肝要です。

※ 羽布団ついでに、使いもしない布団を何枚も買わされた
  といった過量販売についても、契約締結時から1年間の撤回が認められるように
   なりました(H28改正等参照)。

(弁護士)            菅生法律事務所(豊橋市)

2017年7月21日 (金)

夏を乗り切る

梅雨もあけ、小学校は夏休みが始まり、夏本番。

正直、夏は苦手です。
暑くて暑くて、出来るだけ室内に留まりたい今日この頃ですが。。。

来週25日は土用の丑の日。
土用と言えば鰻!
夏と言えば鰻!!

そんな気分を満たすべく、先日鰻を食べに行ってきました。
ただ、土用を先取りということでなく、
両親、義両親への父の日、母の日のプレゼントとして
美味しい鰻をご馳走させてもらいました。
毎年、それぞれへのプレゼントを考えるのは楽しい反面、悩むものです。
そこで、色々考えた結果、
合同で鰻を食べに行こうと決め、ここ数年実行しています。

両親への感謝、家族の交流。
皆で大好きな鰻を食べて、暑い夏を乗り切ろう!!というわけです。
両親たちは毎年楽しみにしていてくれて、
食事中も会話が弾み、年に1回とてもいい機会だと喜んでくれます。
手元に残るプレゼントもいいけれど、こんなプレゼントも悪くない!と自己満足。
元気に笑う両親の顔はありがたいです。

そして私も、美味しい鰻を食べてこの暑い夏を乗り越え、
また来年も元気に皆で鰻を食べに来られますように!!
と願い、自分を奮い立たせるのです。
が、やっぱり暑い。やっぱり夏は苦手。。。




(事務員M)            菅生法律事務所(豊橋市)

«新年度が始まりました。